« 男の超・料理教室 月下美人を食べる | トップページ | 神戸ルミナリエ 2015 »

2015年10月 2日 (金)

六甲山の上美術館 触る絵画 作品展 <br />Feel Me Painting

☆ 目の見えない方のための作品展です。
☆ 手でさわって鑑賞してください。
.
.
絵は額装されていますが、ガラスは装着されていません。
絵は壁面にかけられてなく、机の上に平らに置かれています。
平面絵画の分野では、
日本でも初めての試みの作品展だと思います。

 

.
六甲山の上美術館 さわるみゅーじあむ
TEL: 078-894-2400
個人経営の美術館ですので、
予告なく休館することがあります。
必ずお電話で予約してから
お出かけくださいませ。
.
メールのお問い合わせは
下をクリックくださいませ。

 

Mtfuji00

 

.

.
■この記事の画像は画像をポイントして
クリックすると拡大図が開きます。
開いた拡大図の外でクリックすると、元のサイズに戻ります。

 

.

 

■☆:*:・°★:*:・°☆:*■
.
.

.

☆六甲山山頂から西へ3kmくらいかな?

☆ 「六甲山の上美術館 さわるみゅーじあむ
    というのがあります。
.
.

 

六甲山の上美術館 さわるみゅーじあむ<br><br><br><br><br>
Rokkou_yamanoue_museum

 

 

「美術館の作品は絶対に触ってはダメ」
というのがあたりまえ、
それどころか近づくこともできないわけですが、
この美術館の作品は、その名前の通り、
すべての展示作品にふれることができます。
.
.

 

大展示室、ほとんどが彫刻作品の展示です。
Rokkou_yamanoue_museum_01

.

.
ストーンカメオ(メノウ) の大作も
さわって鑑賞することができます。

 

Stone_cameo

 

.

.
.
■□☆:*:・°★:*:・°☆:*■□
.
.
.
.

「フィールミーペインティング」へのいざない

 

Feel Me Painting
絵を手で感じてください。
.
.
2015年10月2日(金)~10月30日(金)
        10時~17時
        木曜日 定休 ただし祭日を除く
■ 入館料 大人1000円  子供 500円

 

■ 六甲山の上美術館 さわるみゅーじあむ
   〒657-0101
   神戸市灘区六甲山町北六甲4512-808 
   電話:078-894-2400
.
.
公共交通機関でお越しの場合は、
ちょっとややこしいかもしれません。
電話でお問い合わせくださいませ。

 

P1090083_cable_car

 

ケーブルカーやバスを乗り継がないといけません。
山頂からの神戸市街の風景は素晴らしいで~す。
P1090100_view_tower

 

夜景は100万ドルの夜景と呼ばれています。
.
.

 

 

.
お車で来られる方は、
六甲ドライブウエイは時として
通行止めになることがあります。
ご注意くださいませ。
.

六甲山の上美術館ではナビのセットができないかもしれません。

六甲山スノーパーク
電話: 078-891-0366
でお願いで~す。
スノーパークから徒歩2分です。
.
.

 

駐車場は美術館前にあります。
無料です。

 

.
分らない場合は、電話でお問い合わせくださいませ。
電話 : 078-894-2400

 

.
.
■□☆:*°★:*:・☆■□
.
.
.

 

.
展示作品はサムホール~F6号の11点ですが、
普通の油絵を描く数倍の手間と時間を要しています。.
.

 

それぞれが、心のこもった作品です。
.
.
絵の隣に点字のキャプション (注釈) が貼ってあります。
Tenzi01

 

.

絵は0.2㎜~2㎜ほどの凹凸をもって描かれています。
.
フィールミーペインティング<br><br><br><br><br>
Feel Me Painting<br><br><br><br><br>
Tenzi02_crt

.

.
作品の近くに絵のモチーフの実物
(ここでは、アジサイとクジャクの羽) が置いてあります。
フィールミーペインティング<br><br><br><br><br>
Feel Me Painting<br><br><br><br><br>
Tenzi03

 

 

さわって鑑賞してください。
見ただけでは分らない発見があります。

 

.
.

 

Mtfuji01

この絵 (上下同一作品) は
金属板の上に金箔を張って描かれています。

.

 

Mtfuji02

 

光源位置で見える状態が変化するのが分かると思います。

マチエール(地肌)が通常の絵画とは違うのが分かります。
.
.

 

触る絵<br><br><br><br><br>
イチョウ<br><br><br><br><br>
フィールミーペインティング<br><br><br><br><br>
Feel Me Painting<br><br><br><br><br>
Ginkgo_blg

 

イチョウ 手前の二枚の葉っぱは実物です。
.
触る絵<br><br><br><br><br>
フィールミーペインティング<br><br><br><br><br>
Feel Me Painting<br><br><br><br><br>
Ginkgo_trm

 

 

イチョウの部分拡大。
技法は富士山の絵と同様です。
木の幹、葉は金箔が貼り付けられています。
.
■この記事の画像は画像をポイントして
クリックすると拡大図が開きます。
開いた拡大図の外でクリックすると、
元のサイズに戻ります。
.
.

 

■☆:*:・°★:*:・°☆:*■
.

 

.

 

晴眼のあなたは、
この絵を真から鑑賞することは
できないかもしれません。
盲目のあなたこそ最良の鑑賞者です。
.
.
.
この絵の写真ではこの絵を知ることはできないでしょう。
知りたければ美術館に来て、
この絵を触る以外に手立てはありません。

 

もしも、晴眼のあなたがこの絵を鑑賞したいと思うならば、
まずは、目を閉じ、ひたすらに指先にあなたの持つすべての
感知能力を移行させなければなりません。
.

 

.

 

暗くなるまで待って。
(Wait Until Dark.)
晴眼者と盲目の方の
力関係が、能力が反転する時。
それを実感できるのが、この作品展です。
.
.
もしも、あなたの横に盲目の方がいらっしゃれば、
あなたは幸運。             
尋ねてみると良いでしょう。
「どう感じましたか」

 

絵は眼で鑑賞するのでなく、
心で鑑賞するのだということを
あらためて知ることができるでしょう。
.
.

 

■□☆:*°★:*:・☆■□

.
.
.
.

六甲山の上美術館 さわるみゅーじあむ館長さんご一家、

エーデルマンご夫妻と記念写真。
Family

 

.
.
.
.

.

.

■□■□■□■□■□■□■□■□■□
.

 

.
.

 

私たちの作品展とは関係ないのですが、
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2015」

 

が六甲山の上美術館の回りで開催されます。
もし、この催事に来られましたら、
私たちの作品展へもぜひお立ち寄りください。

 

.
.
会期 2015年9月12日(土)
       ~11月23日(月・祝)
※会期中無休
.
.

 

会場
六甲ガーデンテラス、
自然体感展望台 六甲枝垂れ、.
Rokkoushidare

 

 

 
六甲山カンツリーハウス、
六甲高山植物園、
Cyclamen

 

 

六甲オルゴールミュージアム、
六甲ケーブル、
天覧台、
六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅)
[プラス会場] TENRAN CAFE
ホームページ http://www.rokkosan.com/        

 

.
.
.
.
.
■□☆:*°★:*:・☆■□
.

 

─────────
■□■  付録
─────────
.
常設展示の私の作品F100号2点も同時展示。
文明は今No.38<br><br><br><br><br>
Whats_now_our_life_no38

 

 

褐色地は黄土で六甲山系で採取、水干(すいひ)。
ベージュ色の部分はソープストーン(タルク)。

.
.
.
────────────
館長ご夫妻テレビ出演
────────────
「人生の楽園」<br><br><br><br><br>
TV番組出演<br><br><br><br><br>
01

左の男性が館長さん。

「人生の楽園」<br><br><br><br><br>
TV番組出演<br><br><br><br><br>
02

中央女性が副館長さん。

 

テレビ番組は
「人生の楽園」
──────────

 

下をクリック下さいませ。
番組の概要が紹介されています。
.
ABC(6チャンネル)
2016年11月26日(土曜日)の
午後6時から6時30分です。
.
.
.

.

 

  ■□■トップページ(Top page. Index)へ■□

  ■□■投稿記事トップページへ■□
  ■□■水彩画のカテゴリーへ■□
.

.

.
.

 

.

 

この記事の短縮アドレス http://goo.gl/9ZtFue

 

 

|

« 男の超・料理教室 月下美人を食べる | トップページ | 神戸ルミナリエ 2015 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山の上美術館 触る絵画 作品展 <br />Feel Me Painting:

« 男の超・料理教室 月下美人を食べる | トップページ | 神戸ルミナリエ 2015 »