« 肉眼で太陽の黒点が見えます。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 音水渓谷とササユリ »

2014年12月12日 (金)

神戸 ルミナリエ 2014 イルミネーション

.

 

神戸ルミナリエは
2014(平成26)年12月4日(木) ~ 15日(月)
元町から三ノ宮にかけて開催されています。
.
.
入り口付近
ルミナリエ 2014 神戸 Luminarie01

.

 

土曜、日曜は混みますから(30万人~50万人)、
ゆっくりとご覧になられるのでしたら
平日の午後8時あたりがお勧めです。

 

.
夕方の点灯開始の風景は大変な人気で
点灯開始の2時間前には
すでに人でいっぱいの状況のようです。
.
ガレリア
ルミナリエ 2014 神戸 Luminarie02

 

 

画像をポイントしてクリックすると拡大図が開きます。
開いた拡大図の外でクリックすると、元に戻ります。

 

.
 
.

 

 

詳しくはオフィシャルサイトをご参照くださいませ。
Luminariebanner1

http://www.kobe-luminarie.jp/

 

.
会場の順路は次をクリック下さいませ。

 

.
.

 

 

ルミナリエ 2014 神戸 Luminarie03

会場の終わりのエリア(東遊園地)

 

.

 

.
東遊園地から北へ歩いて1分
神戸市役所1号館24階の展望ロビーより。
ちょっと並ばないと入れません。
(入場無料)
ルミナリエ 2014 神戸 Luminarie04

.

.
神戸港も一望できます。
.
.

 

カメラはコンパクトデジカメ。
設定はすべて自動。

ASAはたぶん、
自動的に1600になっていると思います。
三脚ナシです。
と言うより、3脚を立てると
警備員からどなられます。

 

.

 

.

 

■□☆:*:・°★:*:・°☆:*■□

 

.

 

JR三ノ宮駅前南側広場
イルミネーション 三ノ宮駅前南側 Illumination_sannomiya01

 

 

.

 

イルミネーションの中を歩けます。
イルミネーション 三ノ宮駅前南側 Illumination_sannomiya02

絶好のデートスポット。

 

 

---------☆:*:・ °★ °:*:☆--------
.

 

.
2010年のルミナリエはここをクリック下さいませ。

 

.

 

■□ 付録   

 

キャンドル グラス Candle_glass

食卓のキャンドル グラス

 

 

 

 

 

  ■□■トップページ(Top page. Index)へ■□

  ■□■投稿記事トップページへ■□
  ■□■水彩画のカテゴリーへ■□

 

 

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 肉眼で太陽の黒点が見えます。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 音水渓谷とササユリ »

コメント

.

.

☆ うさぎさん様

.
.
いつもお越しくださり
ありがとうございます。

.

当方のルミナリエを
お楽しみいただき、うれしいですっ。


.

☆:*:・°★:*:・°☆:*
.
.

うさぎさん様推奨の「金時人参」、
まだ今年は食べていません。
今、探しています。
おいしいですよね~。
.
.


お忙しい日々をお過ごしのことと存じます。
どうぞ、お元気で~~ (^.^)/~ ~~

投稿: 蘆荻 | 2014年12月13日 (土) 17時35分

.

.
.

.

☆ 弥沙様
.
.
弥沙さんは声優志望だったんですね~。
.
(*^-^)
.

日本のアニメ大好きです。
ブログで漫画も描きかきかけたのですが
今は中断。
下の↓「蘆荻」をクリック下さ~い。

投稿: 蘆荻 | 2014年12月13日 (土) 17時25分

おはようございます^^

これは!
鳥肌が立つくらい奇麗ですね!

投稿: 弥沙 | 2014年12月13日 (土) 06時44分

そう遠くはないと言え、
平日はなかなか機会がありません。
休日は行く気しないし、
それなりになんやかやと忙しい。

今年はろてきさんの写真で
楽しませて貰うことにします。

()()
(^-^)b


投稿: うさぎさん | 2014年12月13日 (土) 06時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸 ルミナリエ 2014 イルミネーション:

« 肉眼で太陽の黒点が見えます。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 音水渓谷とササユリ »