« 2014年2月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年6月

2014年6月24日 (火)

森林植物園 ガクアジサイ ササユリ ラクウショウ

.
.
.
2014年6月14日
ササユリを見たくて神戸市立森林植物園へ行きました。
http://www.kobe-park.or.jp/shinrin/
.
.
ササユリ
Sasayuri
.
透き通る様なピンクの花がとてもきれいでした。
.
ササユリは例年、6月中旬に咲くそうですので
もう、来年しか見ることができません。
.
.
.
-----*--☆:*:・°★ °・:*:☆--*-----
.
オカトラノオ(丘虎の尾)
──────────
.
オカトラノオ
丘虎の尾
Okatoranoo
.
ササユリの側に咲いていました。
北海道から九州まで広く分布しているらしいのです。
でも、私は初めて知りました。
野草と呼ぶにはもったいないほど可憐。
.
.
.
.
■□☆:*°★:*:・☆■□
.
.

アジサイが咲き始めでした。
今ごろは(記事投稿日、6月24日には)、
きれいに咲いて満開の状況だと思います。
.
額紫陽花(ガクアジサイ)
.
.
クロヒメアジサイ
─────────
ガクアジサイ
クロヒメアジサイ
Kurohime
.
.
.
.
金平糖(コンペイトウ)
─────────
という品種の様です。
.
.. 写真はポイントしてクリックすると拡大図が開きます。
.. 開いた拡大図の外でクリックすると、元に戻ります。 
ガクアジサイ
金平糖(コンペイトウ)
Konpeitou
.
.
ガクアジサイの花に見える部分は、
萼(がく)が大きく発達したものだそうですね。
数日前のTVの園芸番組で知りました。

(普通の花で言えば、
花びらの付け根にある
小さい葉のようなものが萼です)
.
ガクアジサイはガクが
真ん中にある花の周辺部を縁取るように並んでいるので
絵の「額」の様に見えることから
額紫陽花と呼ばれるらしいのです。
でも、
「萼あじさい」の方が
本来の意味を表わしていると思うんですけど・・・。
.
.
■□☆:*°★:*:・☆■□
.
.
.
他にも、珍しいものがありましたので、少し紹介します。
.
ハグマノキ
──────
ハグマノキ
Hagumanoki
「ハグマ」とはヤクの尻尾の白い毛のことなんですって。
ヒマラヤ周辺に分布。
英名 スモークツリー、
花が散った後、花の茎が伸びて、
白い尾っぽや煙の様に見えることからそう呼ばれるそうですね。
.
.
-----*--☆:*:・°★ °・:*:☆--*-----
.
.
.
.
ラクウショウ(落羽松)
─────────
紅葉した葉が冬に落ちる様子が羽の様に見えることから
このような名前が付いた様です。

Rakuusyou_leaf
確かに、葉っぱの形は羽毛に似ていますね。
北アメリカに分布、落葉針葉樹。
Rakuusyou0103
湿地では、幹の周りに呼吸のための
呼吸根(気根)が出てくるそうで、
この気根、かなり、怪奇ですよ~。
Rakuusyou0096
.
ラクウショウ(落羽松)の気根。
.
Rakuusyou0097
.
.
.
.
.
モリアオガエル
───────
Moriaogaeru
.
産卵中でした。
左上の白いボールのようなの泡の中に卵を産み
そこで生まれたオタマジャクシは、
雨で溶ける泡のとともに
下の池へ
ポチャンと落ちるんだそうです。
.
驚きました。
本当にうまくできています。
.
.
.
.    .  .■□☆:*:・°★:*:・°☆:*■□
.
-----*--☆:*:・°★ °・:*:☆--*-----
.
.
.
水彩画関係のブログ記事
.
http://roteki.cocolog-nifty.com/blog/#kantan
● 木の描き方の基本 その1
● イチョウ(銀杏)の描き方その1
● 色々な色で木の葉を描く

● 遠近法による枡目(方眼)の描き方
● 遠近法による彩色の練習

色彩
 ● 補色・赤
 ● 三原色で作れない色は
 ● 色の三原色で作れる色は
 ● 三原色の補色

.

.■□☆:*:・°★:*:・°☆:*■□

.
.
.
.
.
帆船 日本丸
水彩画
.
神戸港(ポートターミナル)の日本丸、水彩画 F6、
水面は動画作成ソフトを使用。
 

 

  ■□■トップ(Top page.Index)■□
  ■□■投稿記事トップページへ■□
  ■□■水彩画のカテゴリーへ■ □
.

.

.

.

.
カルチャーセンター記事スタートアドレス
http://roteki.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-ef96.html#culture
.
.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年8月 »