« ツワブキを灰汁(アク)抜きして湯がく・レシピ | トップページ | 金環日食 »

2012年5月14日 (月)

山菜(ヨモギ、コゴミ、タラの芽、コシアブラ)のてんぷら・レシピ

.

.
.
山菜の季節です。
.

代表的な山菜・
ヨモギ、コゴミ、タラの芽、コシアブラの芽を
てんぷらにしました。
レシピと言っても特にありません。
この4つは灰汁(あく)抜きの必要がありません。
サッと水洗いして、水を切ってから
ただ、揚げるだけ、、。
.

.

● ヨモギ

.
道端にいやというほど生えています。
若い芽が伸びている今が旬です。
一番上の頭の部分だけ摘み取ります。

Yobogi
.
やいと(灸)のモグサはヨモギから作られるそうですね。
線香の香りがしますね。
.
灰汁がきつくて、てんぷら以外で食べるのは難しいかも知れません。
てんぷらにすると、灰汁の苦みは程良い苦みになります。
.

.

● コゴミ
.

Kogomi
市販のものです。
形はゼンマイに似ていますね。
灰汁がなくて、見た感じからは想像がつかないのですが、
香りは、サヤエンドウに似ています。
揚げる時も、食べる時も
サヤエンドウの味と香りと、サクッとした歯触りがします。
.

.

.

● タラの芽
.
淡路島には、高さ5m以上あると思われる
大きなタラノキが自生していました。
.
友人がタラの芽は葉っぱが少し開いたくらいがおいしいと教えてくれました。

確かに揚げた時にサクサク感があり香りも良いように思います。
山菜の代表、王様とも呼ばれます。
生でかじっても灰汁が感じられなくて、香りが良いからだと思います。

Taranome
.
.
同じウコギ科タラノキ属の多年草にウドがあります。
ウドの若葉を揚げると、味も形も香りも、
私にはほとんど区別が付かないくらいタラの芽に似ています。
.
「ウドの大木」と言いますが、草なので、
大きくても役に立たない、ということなのでしょうね。

.

.

● コシアブラ
.
タラノキと同じウコギ科の樹木の若芽。
最近注目が集まっているようです。
タラの芽より人気が高いという評判もありました。

Koshiabura
.
灰汁が少なくわずかにセロリの香りがしますね。
葉柄が5cm以上の長い茎は固くて食べられないのですが
取ると見栄えが悪いのでそのままで揚げます。
.
お浸しにしてもおいしいです。
.

.
.

■□■☆:*:・°★:*:・°☆:*■□■
.
.

──────
■ 天ぷら粉
──────

.
.
極普通の薄力粉。

Komugiko

専用の天ぷら粉や、から揚げ粉が売られています。
それなりに、からっと揚がったり、
味付けがしてあったりと便利です。

私の料理のモットーは、
手抜き、簡単、安く、おいしく、です。
今回は天つゆで食べますので
天ぷら粉には何も入れません。

.
.
ふるいにかける代わりに、
袋の底をパンパンとたたいてから容器に移します。
ま~、ひどい手抜き。。
.
天ぷら粉を溶く水はアルカリイオン水の反対の
酸性水を使います。
ねっとりとした溶液になり衣がカリッと揚がるように思います。
.
粉と水はあまりかき混ぜないで、
粉の玉が残っているくらいで使います。

Ageru

油の温度は180~200度、(ちょっと高め)。
ガスレンジに温度調節機能がついたので便利になりました。

調節機能が無い場合は、衣を一滴、油の中に落として
2~3秒で浮き上がってくれば適温だと思います。

もしも、油から煙が上がり始めたら、
鍋に火が入る一歩前。
火事になります。

一度、母親がやりました。
祖母もいて、2人でギャ~\(>o<)/~っ、、と大騒ぎ。
換気扇が融けて「ダリ状」になりました。

.

.

.
完成 ^~。

Tenpura

.
.
揚がり具合を見るのに、
揚げたてに岩塩を振りかけて味見、
これが、たまりません。

.

.

─────
■ 天つゆ
─────

.
薄口醤油 大さじ 2
酒   大さじ 2
みりん 大さじ 2
ダシパック  1/2
水   大さじ 2
.
電子レンジで1分間程チン。
.
同量の大根おろしを添えていただきます。

Tare
.
.

大根の善し悪しが天つゆの決め手になるんですが、
こればかりは、食べて見ないことには見分けが付きません。
青首の部分を使うのがおいしいと思います。

.

.
.

────
■ 保存
────

たくさん揚げましたので残った物はラップに包んで、
ジップロックにつめて冷凍庫で保存します。
普通のビニール袋はなぜか冷凍すると
強いイヤな(ゴムが焦げたような)匂いを発しますね。

.
.

「解凍したら、ベチョベチョになるでしょ」
と言われます。
「はい。その通りです」
でも、
旬を過ぎて山菜を楽しめますし、
味噌汁の実(み・具)などに使えば結構おいしいですヨ。

.

カリッとなるように解凍するには、
ふたをせずに、通常より3割長くチンします。
揚げたてのようにはなりなせんが、
少しはカリッとします。

. .

山菜の旬は5月。
ヨモギは無理ですが、
それ以外はネット販売されています。

■この記事の画像は画像をポイントしてクリックすると拡大図が開きます。
開いた拡大図の外でクリックすると、元のサイズに戻ります。

.

.

■□■☆:*:・°★:*:・°☆:*■□■

.
.
** おまけ **

一番星見~つけた。

Blue_moment

ブルーモーメントの夕映え。
地平線は夕焼けなのに空が真っ青。
お日様が沈んだ直後の一瞬です。

コンパクトカメラに三脚を付けて撮影。
フラッシュオフ、f=4,
シャッター速度はたぶんですが1/15秒、

ASAもたぶんですが400。

.
.

■□■☆:*:・°★:*:・°☆:*■□■

.

.

  ■□■トップ(Top page.Index)■□
  ■□■投稿記事トップページへ■□
  ■□■水彩画のカテゴリーへ■ □

.

.

.
.

|

« ツワブキを灰汁(アク)抜きして湯がく・レシピ | トップページ | 金環日食 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208850/54706207

この記事へのトラックバック一覧です: 山菜(ヨモギ、コゴミ、タラの芽、コシアブラ)のてんぷら・レシピ:

« ツワブキを灰汁(アク)抜きして湯がく・レシピ | トップページ | 金環日食 »