« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月25日 (金)

日本郵便さん 相変わらずのお役所仕事ぶりに感心!! 年賀状 仕分ミス

.

.

Nenga2010

  「切手の下に年賀と書かないと
      年内に配達する」

   と言うのですが、、、、、、。

   年賀の切手を貼って
   年賀の帯封をして
   投函したのですが、
   普通郵便はがきに扱いに!!

■□■□■□■□■□■□■□■

クリスマスの夕方、
日本郵便A集配局より電話。

「普通郵便に仕分けされていますが、
年賀状ではないのですか」

────────────────

結局、A集配局に出向き
投函したはがき全部を持ち帰り
全部のはがきに
年賀の文字を入れました。

元旦配達の締め切り日を過ぎて再投函しましたので
元旦に届かなかった方もいらっしゃるかも。

────────────────
■□■□■□■□■□■□■□■

日本郵便さん
相変わらずのお役所仕事ぶりに感心!!!

一旦、年賀に仕分けされたものを
普通郵便に移してくださった親切な方。
そして、郵便課Mさん 同課長Tさん。
少しは自分の頭で考えられたら、、、。

 ■□■□■ □■□■□■

 ちなみに、私と似たケース。

Mainichi_nenga

毎日新聞 2009年12月27日 2時30分
毎日JPのWebサイト記事。

年賀状:仕分けミスで140枚誤配達 山口

 山口県周南市の新南陽郵便局が、市内の女性から窓口で受け取った来年の年賀状約140枚を誤って一般郵便物として処理し、多くが年内に配達されていたことが分かった。
。。。。。。。

続きはここをクリック下さいませ。

.

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

.

郵便事業株式会社お客様サービス相談センターさんより、回答がありました。名前(□部分)を除き、原文のまま掲載致します。

■□■□■□■□■□■

□□様

郵便事業株式会社お客様サービス相談センター□□でございます。
郵便局ホームページにて、お問い合わせいただきましたが、
郵便事業を担当しております弊社より返信させていただきます。

お申し出いただきました、年賀特別郵便の取扱いにつきましては、
「明瞭に『年賀』と朱書」しないと取扱いができかねます。

明石西支店より、同様のご説明をさせていただいていることとは存じますが、
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

■□■□■□■□■□■

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

これでは納得がいきませんでしたので、
再度、郵便事業株式会社お客様サービス相談センターさんへメールを送らせていただきました。

■□■□■□■□■□■□■

  ご回答の趣旨につきましては、
       承服いたしかねます。

●(1) 年賀状専用のポストに投函
●(2) 年賀用のお年玉付き切手が張ってあること
●(3) 年賀状を束ねて、
    年賀の朱書をした帯封をしていること

以上3点をもってしても
普通郵便はがきに仕分けされてしまう、
ということを、、、、、。

郵政省の時代なら、これでも通ったと思います。
今、民間企業に生まれ変わろうとされておられます時に、
この説明で、一般の市民の方々が納得されると御思いでしょうか。

□□さんも、ぜひ、
ご自身の頭でお考えいただきたく存じます。

■□■□■□■□■□■

日本郵便さんでお仕事をされておられる方から
コメントをいただきました。

内部の一面が解ります。
読んで見てくださいませ。

コメントが表示されてない場合、
下へスクロールしていただきまして、
この記事の最後の行の
「コメント」をクリック下さいませ。

  ある方が、
「一番の解決策は、日本郵便を使わないこと」
とおしゃっておられましたが、そうですよね、
年賀状を日本郵便さんに頼らなくても、
出すことができる環境は有りますよね。

来年から、そのようにしようと考えています。

.

■□■□■□■□■□■

.

.

.

    ■□■トップページへ■□ 

    ■□■水彩画のカテゴリーへ■□

.

.

■□■□■□■□■□■

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »